秀和<北欧の家>のルーツ・・・。

takahasitei.jpg
 
昭和58年、パネルや窓、パイン材の床板、外壁材に至るまで
フィンランドからの輸入部材を使用して建てられた
多摩市桜ヶ丘のT様邸。
 
建物の名前は”プータロ”
ちょっと変った名前ですがフィンランド語で
プーは木、タロは家と言う意味で、北欧の厳寒な気候の中で
育った無垢の木材をふんだんに使用した本格的な木の家です。
 
完成してから、20数年。
静かに年輪を刻むように、T様ご夫妻の日々の生活を
見守ってきたその家が緑豊かな小高い丘に、どっしりとした存在を
アピールしています。
 
やはり本物は何年経っても変わらない・・・・。
 
今現在は、プランニングの自由度などから
パネルを国内で造る方法で建築を行っておりますが
 
この”プータロ”の木の家が、秀和の<北欧の家>の原点です。
 
 
 
 
 
******** 北欧の家 秀和 *********
株式会社秀和
〒358-0013
埼玉県入間市上藤沢618-15
TEL 04-2964-0218
FAX 04-2964-6664
http://www.hokuounoie-shuwa.co.jp/
********************************